訪問介護の通院介助サービスを依頼したい場合の注意点

この記事をシェアする

診察待ちと診察の時間は対象外になります!

例えば公共交通機関を使って通院する場合、自宅での外出の準備を介助してもらう、車椅子に乗って駅まで行き電車に乗る、電車から降りて病院へ向かう、病院で待ち時間を過ごし診察を受ける、会計を済ませる、電車に乗って自宅に戻る、という流れになります。
介護保険が適用されるのは「病院に到着するまで」と「病院から自宅に帰るまで」になり、診察の待ち時間と診察は入りません。
また、乗車中の時間も算定外になります。

福祉タクシーを利用する場合も同様で、自宅で着替えなど外出準備を介助、車椅子で車両まで移動、乗車を介助、病院についたら降車を介助、受診等手続きをして病院スタッフにお願いするというところまでが介護保険の範囲です。運転時間は除き、タクシー代は有料です。
帰宅時は、会計、薬の受け取りのサポート、乗車降車の介助、室内までの移動介助、必要に応じておむつ交換や着替えの介助、となります。

病院内は病院スタッフにお願いすることに

ヘルパーが介助できるのは医療以外の部分になります。
「病院内に入れば医療保険の範疇になるため介護保険は利用できない」というルールがあるため、医療機関内の介助は本来医療機関のスタッフがするということになっているのです。
また、乗車中の時間も算定外になります。

それが可能なのか?排せつの介助までしてもらえるのか?など事前の確認が必要になります。
院内介助ができるかどうかについては、病院の地域連携室に確認をとってみてください。

実際には院内介助をしてもらえない医療機関が多いようです。
また、院内介助はできたとしても医師の診察内容を家族に伝えるところまでしてもらうのは難しいでしょう。

ただし、市区町村によっては認知症等で見守り必要だったりトイレの介助が必要な場合に、身体介護として算定できることもあります。