介護保険サービスと介護保険外サービス、両方が利用しやすくなる

この記事をシェアする

介護保険外のサービス

市区町村が実施するサービスには「高齢者在宅サービス」や「介護予防・日常生活支援総合事業」があり、サービスの内容は自治体により異なります。
窓口は地域包括支援センターです。

社会福祉協議会やシルバー人材センターが実施する高齢者支援サービスもあります。
サービスの種類や内容については、直接問い合わせるか、地域包括支援センターに問い合わせてみてください。

介護サービス事業者による介護保険外サービスでは、介護保険では受けられない家事などの生活援助や見守り、外出の付き添い等の身体介護が受けられます。

利用したい時はケアマネージャーに、介護認定を受けていない場合は介護サービス事業者に直接問い合わせるか、地位包括支援センターに相談してください。

福祉タクシーでも自費サービスが受けられる

民間企業のサービスは費用はかかりますが、サービス内容が豊富です。
看護師さんや医師の付き添いを受けられるといったサービスもあり、また緊急時も対応してもらえます。
診察の付き添いや、途中で買い物に寄ったりなどから、介護タクシー等の福祉車両を利用した旅行や冠婚葬祭等のイベント参加など、自由に対応してもらうことが可能です。
これらのサービスはインターネットで検索しても探せますし、地域包括支援センターに相談しても良いでしょう。

ヘルパーさんや看護師さんの時給を自己負担すると、かなりの高額になることもあります。
しかし、本来なら家族が付き添うべきところをお願いするということで、自己負担は止むを得ないとも言えるでしょう。

自費を払ってヘルパーさんにお任せするかご家族が付き添うかは、しっかりと考えた上で最も良い方法をお選びください。